ホーム | Men's Tops > アウター・ジャケット1960's〜 DEAD STOCK / ROYAL AIRFORCE(RAF) HEAVY WEATHER COAT(VENTILE) ボンバークルー(GRY)
商品詳細

1960's〜 DEAD STOCK / ROYAL AIRFORCE(RAF) HEAVY WEATHER COAT(VENTILE) ボンバークルー(GRY)

販売価格: 527,040円 (税込)
数量:
・英国王立空軍、ロイヤルエアフォース(RAF) における名品中の名品、ベンタイル仕様のあのヘビーウェザーコートが2色、2個体揃ってデッドストックで発掘に成功、入荷致しました。当該アイテムが2色揃ってデッドで同時に販売、ご覧頂ける機会は他では早々ないものかと存じます。

・このコートの名を一躍有名にしたのは、その圧倒的で驚異的な使用(仕様)素材。超高密度系高級素材として知られる、あのベンタイル(ヴェンタイル・VENTILE )が用いられたコートだから。RAFにおけるあまりにも有名な代表作にして、誰もが驚嘆する名品。

・VENTILE(ヴェンタイル・ベンタイル)は元々、1930年代に当該のロイヤルエアフォースのパイロットたちのために英国政府が開発した、いえ、名のある将校や貴族出身、王族のパイロットたちの為だけに開発された英国生まれの所謂、超高級ハイパフォーマンス素材。耐風、耐水に驚異的に優れることはもちろんのこと、不測の事態で海中に墜落したパイロットや搭乗員を冷たい海中でも暫くの間、生命を守るという信じられないような素材。因みに現在、日本では防衛庁が海難救助時の制服に正式採用する他、欧米ではあのエルメスをはじめとする高級メゾンをはじめ、各一流ブランドが挙って採用するほどの超高級素材。

・供給年は1960年代頃の個体と推測。グレー色の個体につき、支給数、流通量が非常に少なかったとされる稀少な “ ボンバークルー(爆撃手) ” 用。

・名のある貴族や王族達も将校に名を連ねる、RAF(英国王立空軍)における、とても稀少ななミリタリーウェアの名作。2個体、2色揃って同時に入手できる機会は先ず早々あり得ません。

・当該のヘビーウェザー、ヴェンタイル仕様のアビエーターコートには、元々グレーとグリーンの2色が存在。グレーは、“ ボンバークルー ” 用。もう一方のグリーンは、 “ グランドクルー ” 用。所謂、“ 爆撃手 ” と “ 地上職・誘導員 ” 用の2色が存在。本国でも早々、お目にかかれません。

・その現存数の少なさも然ることながら、デザイン性の高さ、特異性も相重なって、数あるミリタリーアイテムの中でも、非常に希少価値が高いとされる幻のスペシャルピース。服飾的資料価値はもちろんのこと、使用素材にはあの “ ヴェンタイル ” をふんだんに用いて製作された、贅の限りを極めた素晴らしいミリタリーコートとなっております。

・年齢と共にどんどん妥協ができなくなっている世代の皆様、現行の製品や新品の製品では、決して味わう事のできない雰囲気が魅力の一着です。長く付き合える一生モノをお探しのお客様の皆様方、貴方様の重要なコレクションに加えて頂ければ幸いです。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
・滅多に市場に出回らない事で知られる、1960年代頃の英国王立空軍、“ ロイヤルエアフォース ” ヘビーウェザーコート(アビエーターコート)。アイテムの特性上、今後の入手困難は必至。この機会に是非とも名作を。

・名のある貴族達が将校に名を連ねる、『 ロイヤルエアフォース 』 ならではの優美且つ、余裕を感じるデザインにはただただ溜息。アメリカのミリタリーウェアやワークウェア等ではまず、見受けられない、贅沢な意匠や仕様、付属が随所でご堪能、お愉しみ頂けます。

・付属のジッパーをはじめ、ベルトのコンディションもご覧の通り。まるで昨日、今日製作されたかの如くのコンディション。

・ミリタリーコートとは思えないほどのこの優美なまでの佇まい。明らかに貴族階級の将校達や王族出身のパイロットたちを意識した意匠、デザインは一目瞭然。流石、王室国ならではのミリタリーコートといった趣。

・着用する者を、これほどまで高揚、鼓舞、溜息させる 【 服 】 は昨今、どれほどあるでしょうか。また、これほどまで真摯な意匠を理解し、『 モノづくり 』 を行っているメーカーや生産者は一体、どれほどあるでしょうか。まさに、本物。世界的な評価も納得の傑作にして、後世に語り継がれる名品。

・まさに、歴史的資料価値性の高い、大変稀少な名作となっております。この機会に是非。
(画像をクリックすると大きく見られます)
・ミリタリーウェアにして、どこかしら感じる格調高さ、余裕すら漂う優美なまでのデザインは、“ 英国王立空軍 ” “ ロイヤルエアフォース ” ならでは。ヴェンタイル素材の開発背景同様、もともとが名のある貴族や王族出身の将校たちのために製作、開発された歴史も納得の佇まい。まさに名作。

・アビエーターコートという使用条件、環境にも伴い、ライニングは何と二枚仕立ての贅沢仕様に。その他、興味深い各部の贅沢なまでの意匠、素材、縫製、付属等も魅力はたっぷり。

・古い個体にも関わらず、当該アイテムがデッドストックで見つかる事は極めて異例。目立ったダメージや激しい経年感等は一切ナシ。恐らく国内において、同等コンディション、同等サイズは当個体のみの可能性も。

・同等クラス、同等年代頃の個体で、これほどまでのコンディションの個体は他には早々ないかものと自負致しております。英国に太いパイプを持つ、弊社バイヤーだからこそ買い付ける事が出来た、スペシャル中のスペシャルピースとなっております。この機会に是非とも語れる名品を。

・あくまでもデッドストック品です。新品の物とは違った、経年経過による雰囲気や風合い、経年感、若干の汚れや擦れ等がございます。実際の着用には何ら問題ございませんが、何方様もご容赦のほど宜しくお願い申し上げます。
(画像をクリックすると大きく見られます)
・付属のタグには、英国官給品(官有品)の証、“ ブロードアロー ” のスタンピングが確認出来ます。

・画像の通り目立ったダメージ等はございませんが、ライニング部分に持ち主であろう人物によるペン跡がございます。その他、後背部に少々の汚れがあります。併せましてご容赦下さいませ。

・世界中のコレクター達を魅了する、その独特なデザインや生産背景、贅沢且つ、難解な意匠の数々は流石、ロイヤルエアフォース。この機会に是非とも語れる逸品を。英国王室、貴族のために開発された傑作にして名品。

・まだ、「 ハリ 」 すら残る素材感、圧倒的雰囲気。コンディションの素晴らしさは随所で確認出来ます。

・表記サイズは、8 となります。実寸サイズは、着丈が 約 112cm位(首の付け根から裾まで)、身幅は 約 66,5cm位(右脇下から左脇下にかけて)、肩幅 約 57,5cm位(右肩付け根から左肩付け根まで)、袖丈 約 69cm位(肩の付け根から袖口まで)。イメージとして、Lサイズ位 といったところでしょうか。

・2017年2月5日の弊社HPブログにも、詳細がございます。併せて、ご覧下さい。

・その他 ディティールなどで 気になる箇所が ございましたら、説明や画像などで何度でも、できる限りのご説明をいたします。お気軽にお申し付け下さい。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス