ホーム | Accessories・Interior > Accessories (アクセサリー)〜1970's ローデシア軍(RHODESIA MILITARY) / BRUSH STOROKE PATTERN CAMO JUNGLE HAT
商品詳細

〜1970's ローデシア軍(RHODESIA MILITARY) / BRUSH STOROKE PATTERN CAMO JUNGLE HAT

販売価格: 75,680円 (税込)
数量:
・世界中のシリアス・ミリタリア及び、ファッショ二スタの間でも最も評価の高い、《 初期ローデシアカモ 》 の稀少な1stパターンのジャングルハットが未使用状態、デッドストック、リペア、修復跡のないオリジナルコンディションで見つかりました。

・ひと目でそれと分る大ぶりで大胆かつ、独特の構図パターンの名作、ブリティッシュアーミーの “ ブラッシュストロークカモ ” をはじめ、南アフリカ軍のカモパターン同様に英国軍の影響を大きく受け、独自に発展したとされる所謂、《 ローデシアカモ 》。 そんなローデシアカモにおいて特に稀少とされる、独立紛争初期頃の1960年代後半〜1970年代初め頃の僅かな期間のみ存在した、1stパターンハットの買い付けに成功、入荷致しました。

・アフリカ南部に位置した所謂、ローデシアは、イギリスの植民地として続いていたアフリカの支配地域であり(※英国植民地時代は1888年〜1965年)、イギリス本国に反発した植民地白人が1965年に南ローデシアを “ ローデシア ” として独立宣言した国。そして1980年には、次第に黒人の反発が強まり、現在のジンバブエに。

・ローデシア軍は傭兵を中心とした部隊ながらも、正規軍に位置付けられ、陸軍には特殊部隊も存在。ローデシア紛争(1965〜1980)において、南アフリカ防衛軍と共にローデシア国内や近隣諸国で戦闘活動を実施。歴史的背景故、英国の影響を色濃く残した 《 ローデシアパターンカモ 》 を纏った、黄緑がかった1stパターンカラーは特に入手が困難なカモカラーのひとつ。しかも滅多にお目にかかれない稀少なジャングルハット。

・お察しの通りのアイテム特性と歴史的背景故、かなり入手が困難なアイテムではないでしょうか。この機会を是非ともお見逃しないようお願い申し上げます。

・年齢と共にどんどん妥協ができなくなっている世代の皆様、現行の製品や新品の製品は、決して味わう事のできない雰囲気が魅力の逸品です。長く付き合える一生モノをお探しのお客様の皆様方、貴方様の重要なコレクションに加えて頂ければ幸いです。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
・当時もののオリジナル個体にして、保存状態の良いものとなれば非常に稀少な〜1970's ローデシア軍(RHODESIA MILITARY) / BRUSH STOROKE PATTERN CAMO JUNGLE HAT が入荷しました。

・興味深い各仕様意匠はもちろんのこと、大判パターン故、生地裁断時の取り都合による個体差や差異も存分にお愉しみ頂けます。

・ ダメージ及び、致命傷等のない素晴らしい保存状態のオリジナル個体が見つかりました。しかも未使用、デッドストック状態となっております。名品たる所以、後世の今も尚、語り継がれる所以、アイテムそのものの歴史的背景等、その魅力や価値もは計り知れない逸品となっています。

・サイズ実寸は、つば部分 約 5,2〜6cm位、高さ(つば除く) 約 6,5〜8,5cm位、内径 約 58〜58,5センチ位。イメージとして、〜Lサイズ位といったところでしょうか。

・【 大柄 】 故、生地裁断時の取り都合の関係上、当該個体(カモ柄)は同じものが存在しません。故に様々な表情の個体が存在。まさに《 一点モノ 》。
(画像をクリックすると大きく見られます)
・欧州及び、英国に独自のコネクション、ネットワークを持つ、弊社バイヤー田中ならではのスペシャルピースが入荷致しました。滅多にお目にかかれない、非常にコレクタブルなアイテムにつき、同等サイズ、同等コンディションの当該個体となればまさに、 《 次がない 》 、 《 他では買えない 》 スペシャルピースとなっております。この機会に是非。

・ローデシア紛争、独立宣言初期頃の僅かな期間のみに存在したとされる、稀少な1stパターン。しかも滅多にお目にかかれないジャングルハットとなっております。コントラクトタグ及び、年次を示すスタンプ等は確認出来ません。

・英国軍の影響を大きく受け、独自に発展したとされる所謂、《 ローデシアカモ 》 稀少な1stパターンのみに見られるその美しさ、個性強い存在感は最早、ミリタリーカモを超えるデザインではないでしょうか。

・所謂、コントラクトや供給年を明示するタグは、他述でも記載の通り未付属ながら、構図パターン等からおおよそ1960年代後半〜1970年代初期頃までの僅かな期間のみ供給された個体と推測。
(画像をクリックすると大きく見られます)
・ローデシアカモにして、ローデシアに非ず。その美しい、初期の僅かな期間のみ存在する黄緑がかった当該の1stパターンは、構図パターンの稀少性はもちろんのこと、実現存数の少なさも相重なり、今日においてメゾンデザイナーたちも挙って追い求める、稀少で入手が困難な構図パターンのカモデザインのひとつ。

・画像の通り、経年による汚れや風合い、当時の製品ならではの縫製不良箇所等がございます。ご容赦下さいませ。尚、これらは弊社バイヤーがあくまでも “ 当該アイテムならではの魅力 ” と捉え、意図して買い付けてきた物になります。上記を理由とした返品・交換はお受け出来ません。予めご理解、ご容赦の程宜しくお願い申し上げます。

・2020年10月11日の弊社HPブログにも、詳細がございます。併せて、ご覧下さい。

・その他、ディティール等で気になる箇所がございましたら、説明や画像等で何度でも可能な限り、ご説明をさせて頂きます。アイテム特性故、ご購入後の返品・交換は出来かねます。ご購入までにお気軽にお申し付け下さい。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス